お問い合わせはお気軽に tel:06-6231-3461

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-5-7岡田ビル6F

診療時間 9:30-13:00 14:00-18:30
【休診日】隔週土曜日 日曜日 祝日
※ 月2回第2・第4土曜は矯正と一般診療
☆電話受付は24時間随時対応可

淀屋橋 北浜 歯科 審美歯科 矯正歯科 インプラント 歯周病 レーザー治療

BLOG

北浜駅の林歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
  • 院長のひとり言
  • スタッフの一言

講演報告

講演報告

こんにちは.歯科医師の林 宏和です.
 

2017年5月20日 にいがた摂食嚥下障害サポート研究会で講演させていただく機会を頂きましたのでご報告申し上げます.

にいがた摂食サポート研究会は新潟大学摂食嚥下リハビリテーション学分野と新潟県内外の介護食品会社と産学連携で運営している研究会で,また新潟大学医歯学総合病院内に,「食の支援ステーション」という介護食品や介護食具を来院される方に専門家がご紹介し,また来訪された方からご意見を集め,新しい商品の開発に生かすという大変画期的な取り組みを行っておられます.

昨年私が林歯科医院に勤務してからの当院での取り組みについてご紹介させていただきました.

内容として

1)昨年で開院100周年迎えた当院の歴史と紹介

2)大学院,病院在籍時代の紹介
・大学院,病院時代に築いた全国の医療関係者のネットワークが現在の私にとってかけがえのない財産となっています.

3)大阪に戻ってきてからの多くの方との出会い
・現在当院とも連携して頂いている管理栄養士さんと在宅医療における多職種連携の取り組み,
・多職種連携の勉強会を主催されている看護師さんとの出会い

4)ともに勉強会を立ち上げた歯科医師の先生方との出会い
・勉強会「食支援・地域医療連携推進を考える会」立ち上げの経緯と紹介
・地域で摂食嚥下障害の患者さんも専門的に診察,治療,また多職種との連携のできる歯科医師はまだ少なく,私は大阪に戻ってきて危機感を覚えました.摂食嚥下障害を専門的に診察,治療し,また多職種と医療連携のできる歯科医師を育成するため賛同いただいた数名の歯科医師,看護師,管理栄養士ととともに「食支援・地域医療連携推進を考える会」を立ち上げました.

5)症例報告 在宅にて胃瘻から経口摂取訓練に至った一例
・当院に依頼いただいた患者さんで,脳血管疾患が原因で胃ろう(食べることが難しくなり,胃に穴をあけ管を通して直接栄養剤を注入する方法),気管切開された状態(誤嚥性肺炎で呼吸が困難になり,喉に空気の通り道を確保するために穴をあけて管を通している状態)で退院されましたが,リハビリ行い,嚥下内視鏡検査で確認し,再び口から食べる訓練ができるようになった症例です.

6)地域包括ケアシステム構築にむけて当院の取り組み
・2025年 団塊の世代(第一次ベビーブームの世代)が75歳以上の後期高齢者となります.日本はまだ人類が経験したことのない超高齢化社会の中進んでいきます,高齢者が増えるということは,全身疾患を抱えた方,要介護の方がますます増加し,そのような方々を社会,地域全体で対応していく為に,国は地域包括ケアシステムという,職種の壁を越えて,患者さんを地域で支えていくシステムの稼働を目指しています.
・当院は地域包括ケアシステムの構築に向けて,まず大阪市内の地域中核病院との連携を進めています.
 →大手前病院 堀端ネット
 →大阪医科大学付属病院 連携医療機関登録制度
 →関電病院 かえる倶楽部 医療連携登録医

・地域中核病院と顏の見える関係を築くために,大阪医療連携合同協議会(大阪府下の50以上の中核病院,2つの診療所が所属)に,歯科診療所として初めて入会しました.
・脳血管疾患の方が急性期病院,回復期病院から在宅での療養をスムーズにおこなえるよう,大阪脳卒中医療連携ネットワーク(大阪府下70以上の病院が登録)に維持期医療機関として登録申請しました(6月の全体会議で承認される見込み).

発表後,お世話になった多くの方々から当院の取り組みについて励ましのお言葉を頂きました.
当院は,大阪の地域医療に貢献できるよう一層精進してまいりたいと思います.

 

 

 

2017-05-23 15:50:53

スタッフの一言

 
ページの先頭へ戻る