お問い合わせはお気軽に tel:06-6231-3461

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-5-7岡田ビル6F

診療時間 9:30-13:00 14:00-18:30
【休診日】隔週土曜日 日曜日 祝日
※ 月2回第2・第4土曜は矯正と一般診療
☆電話受付は24時間随時対応可

淀屋橋 北浜 歯科 審美歯科 矯正歯科 インプラント 歯周病 レーザー治療

BLOG

北浜駅の林歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
  • 院長のひとり言
  • スタッフの一言
HOME»  ブログ記事一覧»  スタッフの一言

スタッフの一言

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

その原因Xにあり

こんにちは 歯科医師の宏和です.

8/22「その原因Xにあり」で歯周病と全身疾患の関係が取り上げられました.
http://www.fujitv.co.jp/sono_x_niari/backnumber170811.html

ご覧になられたかたいらっしゃいますでしょうか


歯周病は歯を支える歯茎や顎の骨にお口の中の細菌が感染して炎症を起こす病気です.昔は歯槽膿漏とよばれていました.

急性炎症を起こさない限り,痛みを生じないので知らない間に進行します.

また,歯周病から血管内に細菌が侵入し,脳梗塞や細菌性心内膜炎,心筋梗塞,肺塞栓,糖尿病の原因になることがわかってきています.

歯周病は20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代は約9割が感染していることがわかっています.

症状がなくてもかかりつけの歯科診療所で定期健診をおこなうようにしましょう.

当院では歯科衛生士が専門的にメンテナンスをおこなっております.

 

2017-08-23 16:26:17

コメント(0)

たけしの家庭の医学

こんにちは.歯科医師の宏和です.

8/8に「たけしの家庭の医学」で誤嚥性肺炎が取り上げられました.

皆さんご覧になられましたか?

https://www.asahi.co.jp/hospital/onair/170808.html

誤嚥性肺炎は噛んだり飲み込む力が低下(摂食嚥下障害)し,お口の中の細菌や食べ物が肺に誤って入り,肺炎になる病気です.

当院では,大学病院の専門科で長年経験のある歯科医師が専門的に,診察,治療を行います(保険診療可).

往診対応も可なので,ご気軽にご相談下さいね.

2017-08-09 16:22:00

コメント(0)

院内勉強会

こんにちは.歯科医師の宏和です.

7月28日 林歯科医院の院内勉強会でした.

各スタッフが参加した講習会などを報告し,得てきたものを共有しました.

内容は,
・アミノ酸を使用した新しい清掃器具の紹介
・訪問診療
・アシスト(助手)について

私の方からは最近車椅子でいらっしゃる患者さんも散見されるようになったので,

車椅子の構造と扱い方,介助方法について,実習&講義行いました.

実際に患者さんが来院されてから,歯科用椅子に導入するまでの導線を相互実習で確認しました.

 



↑各スタッフの発表.みんな真剣です!


↑エレベーターの扉がしまるのが意外に早かったことを確認できてよかったです.

↑受付前の段差は,可撤式のスロープで対応します.女性1人の力では危ないので二人で介助します.


↑車椅子から歯科用椅子への移乗介助.車椅子の横づけする角度は30度.患者さんに麻痺があれば,健側が軸足となるよう,向きも考えます.すべて介助するのではなく,患者さん自身でできる部分は自分でやっていただくのが,本来の介護です.

2017-07-29 19:08:00

治療機器使いまわし報道について 当院の対応は?

こんにちは.歯科医師の宏和です.

少し前に,歯科医院での機器(ハンドピース)使いまわしの報道がありましたね.
皆さんがきっとキライな,歯を削るときに使う,「チュィ~~ン」という音がするアレです.

読売新聞にて,「機器を使いまわさない歯科をさがすには」という記事でも紹介されていましたが,
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170706-OYTET50013/

当院は厚生労働省により「歯科外来診療環境体制加算(外来環)」の施設基準の認可をうけております.

これは,この医院は院内感染対策や医療安全対策の体制を整えていますよという国のお墨付きになります.

当院では,患者さんごとに機器の滅菌をおこなっておりますので,ご安心して治療を受けていただければと思います.


 

2017-07-20 18:38:00

コメント(0)

食支援・地域医療連携推進を考える会

食支援・地域医療連携推進を考える会

https://9263891223.amebaownd.com/

 

口腔の専門家として,「口から食べる」ことを支援するため,

食べる機能を専門的に診察,リハビリテーションができる歯科医師の育成,支援体制の為のネットワーク創りを目的に歯科医師仲間数人で立ち上げた勉強会です.

最期まで「口から食べる」為には,
①お口の中を清潔に保つこと(口腔ケア)
②入れ歯や虫歯の治療を行い,咬めるお口の状態にすること
③誤嚥(気管の中に食べ物が誤って入ること)しないよう,食べる方法や食物の性状を工夫すること
④食べるために使う筋肉や関節が悪くならないように維持すること
⑤弱くなった食べるために使う筋肉や関節を診察し,鍛えることが可能なら訓練すること

が重要です.

6/8(木)

大阪歯科大学障害者歯科 田中佑人先生

入れ歯の講義

同じ保険の入れ歯でも,作る人の診査,設計図が異なると,結果もずいぶん変わってきます.

基本的な内容ですが非常に重要なことを大変わかりやすくご講義いただきました.



6/9(金)

林歯科医院 林宏和

摂食嚥下機能評価の講義と実習

2017-06-12 14:12:39

コメント(0)

講演報告

こんにちは.歯科医師の林 宏和です.
 

2017年5月20日 にいがた摂食嚥下障害サポート研究会で講演させていただく機会を頂きましたのでご報告申し上げます.

にいがた摂食サポート研究会は新潟大学摂食嚥下リハビリテーション学分野と新潟県内外の介護食品会社と産学連携で運営している研究会で,また新潟大学医歯学総合病院内に,「食の支援ステーション」という介護食品や介護食具を来院される方に専門家がご紹介し,また来訪された方からご意見を集め,新しい商品の開発に生かすという大変画期的な取り組みを行っておられます.

昨年私が林歯科医院に勤務してからの当院での取り組みについてご紹介させていただきました.

内容として

1)昨年で開院100周年迎えた当院の歴史と紹介

2)大学院,病院在籍時代の紹介
・大学院,病院時代に築いた全国の医療関係者のネットワークが現在の私にとってかけがえのない財産となっています.

3)大阪に戻ってきてからの多くの方との出会い
・現在当院とも連携して頂いている管理栄養士さんと在宅医療における多職種連携の取り組み,
・多職種連携の勉強会を主催されている看護師さんとの出会い

4)ともに勉強会を立ち上げた歯科医師の先生方との出会い
・勉強会「食支援・地域医療連携推進を考える会」立ち上げの経緯と紹介
・地域で摂食嚥下障害の患者さんも専門的に診察,治療,また多職種との連携のできる歯科医師はまだ少なく,私は大阪に戻ってきて危機感を覚えました.摂食嚥下障害を専門的に診察,治療し,また多職種と医療連携のできる歯科医師を育成するため賛同いただいた数名の歯科医師,看護師,管理栄養士ととともに「食支援・地域医療連携推進を考える会」を立ち上げました.

5)症例報告 在宅にて胃瘻から経口摂取訓練に至った一例
・当院に依頼いただいた患者さんで,脳血管疾患が原因で胃ろう(食べることが難しくなり,胃に穴をあけ管を通して直接栄養剤を注入する方法),気管切開された状態(誤嚥性肺炎で呼吸が困難になり,喉に空気の通り道を確保するために穴をあけて管を通している状態)で退院されましたが,リハビリ行い,嚥下内視鏡検査で確認し,再び口から食べる訓練ができるようになった症例です.

6)地域包括ケアシステム構築にむけて当院の取り組み
・2025年 団塊の世代(第一次ベビーブームの世代)が75歳以上の後期高齢者となります.日本はまだ人類が経験したことのない超高齢化社会の中進んでいきます,高齢者が増えるということは,全身疾患を抱えた方,要介護の方がますます増加し,そのような方々を社会,地域全体で対応していく為に,国は地域包括ケアシステムという,職種の壁を越えて,患者さんを地域で支えていくシステムの稼働を目指しています.
・当院は地域包括ケアシステムの構築に向けて,まず大阪市内の地域中核病院との連携を進めています.
 →大手前病院 堀端ネット
 →大阪医科大学付属病院 連携医療機関登録制度
 →関電病院 かえる倶楽部 医療連携登録医

・地域中核病院と顏の見える関係を築くために,大阪医療連携合同協議会(大阪府下の50以上の中核病院,2つの診療所が所属)に,歯科診療所として初めて入会しました.
・脳血管疾患の方が急性期病院,回復期病院から在宅での療養をスムーズにおこなえるよう,大阪脳卒中医療連携ネットワーク(大阪府下70以上の病院が登録)に維持期医療機関として登録申請しました(6月の全体会議で承認される見込み).

発表後,お世話になった多くの方々から当院の取り組みについて励ましのお言葉を頂きました.
当院は,大阪の地域医療に貢献できるよう一層精進してまいりたいと思います.

 

 

 

2017-05-23 15:50:53

講演

こんにちは.宏和です.
今週末,新潟大学主催の「にいがた摂食嚥下サポート研究会」で講演をさせていただく機会を頂き,新潟に行ってまいります.
http://www.dent.niigata-u.ac.jp/dysphagia/support/
当院における在宅や施設での訪問診療や訪問栄養指導されている管理栄養士さんとの連携,地域中核病院との連携,摂食嚥下の勉強会の設立などの取り組みについて,ご紹介させていただく予定です.

2017-05-18 18:49:32

コメント(0)

非常勤講師

こんにちわ 宏和です.
本日より,毎週木曜日 太成学院歯科衛生専門学校で,非常勤講師として摂食嚥下リハビリテーション学の講義を担当させていただくことになりました.

摂食嚥下リハビリテーションは,脳血管疾患や神経変性疾患など様々な原因による食べる機能が損なわれた方に食べる機能や楽しみを取り戻す医療の分野です.
私が学生時代はまだ摂食嚥下リハの講義はありませんでした.まだまだ新しい分野ですが,超高齢化社会の現在,そして今後もますます必要となってくる分野です.
そのような中,これからの社会を担う学生の教育に携われることは大変光栄です.

不在の時間,ご迷惑おかけしますが,何卒よろしくお願いいたします.
院長と,女性歯科医師は出勤しております.

 

2017-05-18 18:42:50

清歯塾 矯正勉強会

宏和です.昨日は月1回の清歯塾(歯医者の勉強会) 矯正の勉強会でした.

講師は吉田矯正歯科クリニックの吉田 謙一先生です.

大変わかりやすく,解説してくださいます.

今回は2級(出っ歯)の治療につかう装置の使い分けと,装置の使い方,調整などについて解説してくださいました.


難しい症例がある場合は持ち寄って,検討します.

2016-09-16 09:41:38

コメント(0)

清歯塾総合診断

宏和です.9月13日 清歯塾(歯医者の勉強会)に参加してきました.
月1回の総合診断(症例報告)の勉強会です.
今回は当院院長が顎関節症の治療について紹介し,実際に実演も行いました(患者さん役は他院の歯医者さん).

2016-09-14 16:14:59

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
ページの先頭へ戻る